付加や特約の効力|お金の相談役に頼る【FPは良き保険選びのパートナー】

付加や特約の効力

説明

終身と定期のどっちがおすすめ?

もし、家族への死亡保障が必要と感じたら、定期保険の方が後々便利です。コストパフォーマンスが良いのは勿論、万が一自身が死亡しても家族の生活費と子供の養育費が確保しやすいからです。低コストで安心の保障が受けたい人にうってつけ。

医療保険は生命保険とは別で契約

生命保険にも、特約という形で医療保障が完備されていますが、どちらかというと見立てがしにくいので、別で医療保険への加入がおすすめ。病気治療中に、保険の保障内容が合わないと感じても、下手に解約が出来なくなるため、別の保険加入を考慮すべきです。

生命保険と相性が良い付加特約

生命保険に加入するなら、付加でリビングニーズ特約を選ぶのがおすすめです。重度の疾患で余命が短いと宣告されても、リビングニーズ特約なら治療費や余生を過ごすための費用が前倒しで受け取れるので、最後まで質の高い療養生活が謳歌出来ます。

生命保険は配当は無い方がいい

「配当」と聞くと、お得に聞こえてしまいますが、配当は景気に左右されやすいものです。実際に受け取ると思っていた程の金額が得られないケースもあるので、東京などのファイナンシャルプランナーもあまりすすめしません。貯蓄性にこだわるなら、配当は特に気にしなくても良いです。

死亡整理金の準備に終身保険は有効?

自身が死亡した後、相続のトラブルを防ぐために、死亡整理金は前もって準備しておくべきです。実は、死亡者名義の銀行口座は、凍結されてしまうためすぐに引き出すのが難しいです。振込スピードも早い保険会社も出てきているので、おすすめするファイナンシャルプランナーも多いです。

保険の選び方にはコツがある

保険商品には、いろんな特約や配当、整理金が存在するので、どれを選べば良いのか迷ってしまいがちです。保険の特約で失敗しないためには、東京のファイナンシャルプランナーがおすすめする、保険加入のポイントを頭に入れておきましょう。

相談を利用する前に知っておくべきこと

強引な勧誘をしてきますか?

勧誘に関しては心配いりません。相談者の家計やライフプランをヒアリングした上で、適切な保険商品を紹介することを念頭に置いています。万が一、勧誘まがいのことをされても、あくまで相談という形式なので契約の義務は発生しません。安心してご利用下さい。

電話やメールでの相談は大丈夫ですか?

東京などのファイナンシャルプランナーは、電話やメールでの相談を受け付けてはいません。保険料の見直しや家計の現状を把握して、納得のいくアドバイスが出来るよう面談形式のみで受け付けています。プランナーの顔が見える分、相談者側も信頼できるか判断しやすいですよ。

相談が受けられない場合ってあるんですか?

ファイナンシャルプランナーによっては、いくつもの相談予約を請け負っているので、稀に相談の受付が難しい場合があります。所属する保険会社によっては、出来る限り希望に沿うために動いてくれます。

担当の変更は可能ですか?

特定の保険商品を強く薦めてくる、失礼な態度をとった場合、担当のファイナンシャルプランナーの変更を受付けます。ただし、地域によって担当変更が難しくなりますが、極力不快に感じないよう相談者の気持ちを尊重して対応します。

なぜ、個人情報を入力する必要が?

保険といったお金にまつわる相談を受け付ける以上、相談内容は勿論、所在地域や家族構成から適切なファイナンシャルプランナーの選出が必要だからです。入手した情報に関しては、担当のファイナンシャルプランナー以外には閲覧できない特殊システムで管理するので情報が外部に流れる心配がありません。

利用者に聞く【相談して良かったこと】

加入中の保険は自身にピッタリか知れました!

加入している保険は、自分に合っているかが不安でしたが、東京のファイナンシャルプランナーと相談したおかげで、加入保険とのマッチング度合いを把握出来ました。別の保険を検討する場合に、どんな保険商品がおすすめなのかわかりやすくアドバイスしてくれたので利用して良かったです。

担当がたまたまかみ砕いて説明してくれる人でした

はじめての保険加入で、話の内容についていけるか不安でしたが、専門用語をわかり易い言葉に置き換えて説明してくれたので、おすすめされた保険商品の仕組みやメリットについて理解出来ました。満足のいく保険選びが出来たので、相談した甲斐がありました。

広告募集中