大切な保険探し|お金の相談役に頼る【FPは良き保険選びのパートナー】

大切な保険探し

女の人

ライフステージ毎に適した保険を提案

保険商品に関する説明に関しては、おおまかなことはパンフレットに記載されていますが、加入後のメリット・デメリットが見えにくいですね。そんな時こそ、FP保険相談を利用すべきです。ライフステージ毎に適した保険商品を提案し、メリット・デメリットもわかりやすく説明してくれます。

具体的に伝えるのがコツ

FPへの保険商品相談は、内容が具体的になれば、実情に適した保険商品紹介をしてくれます。わかりやすく説明するのが苦手なら、保険に関する見積書や証書を用意した上で相談するのも有効手段です。

ちなみにFP全員が保険に精通していない

仮に、FPの肩書を持っている人を見つけたとしても、保険商品に関して詳しいわけではないことを頭に入れて頂きたいです。FPにも企業系や金融系など専門性が異なります。FP相談を利用するなら、事前に保険相談実績が高めなのか確認してからにしましょう。

在宅相談もあり!

FPへの相談は、必ず専門の窓口まで訪れないといけない印象を抱きますが、自宅訪問でFPの相談を受け付けてくれます。遠方で中々足を運べない人でも、保険加入に関する相談を親身に受け付けてくれる便利なサービスと言えます。自宅での相談なら、電話・公式HPでいつでも予約可能です。

相談後は必ず保険加入をしないといけない?

窓口でも自宅でもFP保険相談を利用した以上、必ず保険に加入しないといけない印象を抱きますね。せっかく時間を割いてもらったのに、結局加入しないとなったら失礼ではと思ってしまいますが、その辺の心配はいりません。客観的に差異的な保険商品を紹介しているだけなので、加入見送りをしても問題ありません。

場面に適した助言が受けられる

目に見えにくい仕組みである保険商品は、加入した実感がわきにくいもの。FP保険相談なら、見えにくい保険商品について、どんなライフステージにおすすめなのか加入してどんな得があるのかをアドバイスしてくれるので、保険商品選びで頼りになるのは間違いありません。

広告募集中